体重と減量について



体重などの量を減らすことを減量といいます。
ボクシング選手などが規定体重になるために食事量を減らしたり運動やサウナを使うことをイメージする人が多いようです。確かにボクサーの人は、試合前に過酷な運動や食事方法などを使って減量して体重の調整をします。減量方法はボクサーではない私たちには、決して体に良い減量方法であると言えません。ボクサーは毎日体を鍛えて、試合に備えてすでに体も十分に出来上がっています。比べて私たちは運動しているにしても、厳しい訓練をしている訳では無いので同じような減量方法で体重を減らすことは不可能なのです。そもそも、短い期間で一気に体重を少なくするような減量は、リバウンドのリスクを高めることがあります。
一般的に、体重を減らしたいと思った時はその日その場だけで減量ではなく、長期的に体を作り替えたいと考えるでしょう。リバウンドしないような減量方法で体重を減らすならば、太るメカニズムを知りましょう。なぜ人の体に脂肪が蓄積されるか認識することで、健康に配慮しつつ減量に適した食習慣や運動量が見えてきます。何気なく体重を測ってみたら、びっくりするくらい増えていたということもあります。
なぜ体重が多くなったか思い当たる節はないけれど、以前とは違って明らかに体重が多いという人もいるようです。増えた体重を減量するのも大切ですが、日々の体重を管理して健康的な体重を維持する努力を怠らないようする事も大切です。






ボクサーのようにはいかんわな(笑)





Ads by Sitemix